2016年1月19日火曜日

【GIOS・PULMINO】仏式バルブの自転車に使える、コンパクトな空気入れを購入。



私の愛車は、「GIOS」というイタ車です。(イタリアの自転車メーカー)

ちょっと出かけるのに、車に乗ったり、電車に乗ったりしたくないので、2年くらい前に買いました。

収入が無い専業主婦というのは、正直、お金を使って移動するのに躊躇してしまうのです。(私だけ?)

少し、行動範囲が広がりました。







軽い自転車が欲しかったので、奮発して、ママチャリではない、自転車メーカーの物を買いました。
エレベーターに乗せたかったので、ミニベロ(小径車)です。

結構高かった割に、本気で乗るには、ポジション(乗る姿勢?)があまりよくないので、
本気でサイクリングを始めたい人には、お勧めしませんが、

スカートでも乗れるので、ご近所乗りにはおすすめです。
カゴも付けようと思うと、付けられます。




ただ、この自転車って、正直「中途半端な自転車」なんですよね。

形はご近所乗り向けなのですが、

タイヤがロードバイク仕様の、仏式バルブなんです。

仏式バルブっていうのは、3日も経つと、空気が抜けてくるらしく・・・・。

モノを増やしたく無くて、近所の自転車屋「あさひ」さんで無料でいつも空気を入れていた私は、いつも乗り心地がイマイチだな~と思っていました。

近所にあるとはいえ、違う方向に行く事も多いですし、乗り心地が悪いと、乗る機会も減っていってしまって、折角奮発して買った自転車を、活用できていない様な気がしてきました。

なので、ようやく、空気入れを買いました。

大きい物を玄関に置いておきたくないので、足で踏んで空気を入れる、コンパクトなものです。
レビューでは、足で踏むのはやりやすい、という方と、やりにくい、という方、両方いましたが、私はコンパクトなのでこれを選んだだけです。



パナレーサーの足で踏む空気入れは、コーナンでは2300円程でしたが、アマゾンでは、1500円程でした。(しかも夜注文したら次の日に届きました!)

1500円で、タイヤの空気圧が測れるフットポンプが買えるなんて、感激です。

パナレーサーは、パナソニック系列の会社らしいので、安くても、安心です。


黄色もあります。





いくらモノを増やしたくない、と思っても

乗り物を買う時は、メンテナンス用品もちゃんと揃えないといけませんね。

だからこそ、乗り物を買う時は、良く考えて買わないといけません。

モノは、使ってこそ、ですし、

今は寒いですが、暖かくなったら、また自転車ライフを楽しみたいと思います。

玄関の靴箱からはみ出さない、コンパクトな空気入れが見つかって良かったです。




クロスバイクの置ける家に住んでいたら、ミストラルを選んでいたかも・・・?
そしたらもっと遠くまで行けただろうな~。
ジオスは「ブルー」が定番ですが、白黒モノトーンも格好いいです。


良く勉強して買わないとね・・・

自転車も、結構汚れますので、お手入れには、シート式の洗車シートを使っています。
こんな感じのモノをダイソーで買いました。
ちょっとしたサビとかも、磨けば取れますよ。錆びさせないのが一番ですけどね・・・。







仏式バルブのタイヤの空気の入れ方【動画】










  •  皆さんのトラコミュ記事で、勉強中です。



  • 自転車

    自転車メンテナンス♪

    折りたたみ自転車&ミニベロ オーナーの方

    シンプルで豊かな暮らし

    シンプルライフ

    すっきり暮らす





    blogramのブログランキング

    人気ブログランキング参加中です


    ブログ村ではこちらのランキングに参加中です。クリックするとランキングが見れます。


    にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへにほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

    ブログを読んでくださって、ありがとうございます。
    下の画像をクリックすると、ブログ村での順位が上がります。
    もしよろしければ、応援クリックお願いします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    0 件のコメント:

    コメントを投稿